ビリーブ行政書士事務所

会社案内

メールでのお問い合わせ

ブログ

元号問題(西暦・和暦)

2018年11月05日

 みなさんこんにちは


 ビリーブの萩嶺です。


 平成もあと残り少なくなりましたね。


 どんな元号になるのでしょうか?


 楽しみですね。


 指定申請の時には、日付を記載するときに所轄庁に西暦ではなく和暦を求められます。


 なので、ご依頼で書類を作成するときに西暦から和暦に直さないといけないので結構面倒です。


 履歴書や実務経験証明書などで昭和、平成と出てくるし、期間を計算をしないといけないので面倒くさいですね。


 なので、お客さんには、和暦記載をお願いしています。


 それに、放課後等デイサービスビリーブの職員も面接の時の履歴書は、西暦で記載する人もいますが、和暦記載がありがたいですね。。


 ただ、お客さんがIT関係の方でしたら、西暦が良いと軽く文句を言ってきます(笑)


 職業柄なんでしょうけど、元号が変わる度にシステムを変更しないといけないので、それが嫌みたいですね。


 その気持ちわかります。


 でも、私達が申請をするのは、お役所なので和暦でお願いしますと言っています。


 ただ、IT系のシステムエンジニアの方たちは、1日でも早く新しい元号を知りたいんでしょうね。


 些細なことですが、私達にはなじみの多い暦が人によって西暦か和暦か違うみたいですね。


 来年の元号が楽しみです。