ビリーブ行政書士事務所

会社案内

メールでのお問い合わせ

コンサルティング - 介護保険・障害福祉サービス事業

介護保険サービス事業、障害福祉サービス事業の立ち上げや約10年間の運営の実績をもとに、開業・設立から経営・運営支援まで、幅広くお客様に最適なソリューションをご提案いたします。

コンサルティング内容

①開業・設立支援

課題 新たに介護・福祉事業を開始する場合、事業が本当に上手くいくのか、どの程度の収入が得られるのか、業界特有のリスクなどがわからないと思います。
特徴 ビリーブ行政書士事務所では、介護保険サービス事業、障害福祉サービス事業の立ち上げや約10年間の運営の実績がありますので、市場や収入予測、業界特有のリスクを先回りして対応できます。

②経営・運営支援

課題 新たに事業を開始した場合では、その経営や運営を安定させることが難しいです。何が問題かもわからないことがあります。
特徴 ビリーブ行政書士事務所では、約10年間の経営の経験から人員のやりくりや研修、人材育成、研修までのお手伝いができます。

③地域密着支援

課題 時代の流れとしても事業所の地域貢献は必要な条件となっています。しかし、開業・開設したあとも地域との交流の仕方がわからない福祉施設がままあります。そのままでは、事業所の評価を下げることにつながります。
特徴 ビリーブ行政書士事務所では、地域と一緒になって作り上げるイベントや事業所の負担にならない範囲で地域の人に喜ばれる(行政も喜ぶ)仕組みづくりをご提案します。

④周辺事業支援

課題 介護・福祉事業は、人間の生活の営みそのものであることから事業所周辺の事業があります。しかし、規制などや気付きなどでみすみすそのチャンスを逃しています。
特徴 ビリーブ行政書士事務所では、約10年間の経営の経験から本業との連携や周辺事業の提案を行えます。

⑤工賃向上支援

課題 障害者の支援は、就労や工賃の向上が大切です。しかし、なかなか工賃が上がらず利用者の確保が難しいことがあります。
特徴 ビリーブ行政書士事務所では、実際に障害者福祉施設の施設長として製菓業・食品加工業・観光物産業・農業・役務など経験から最適な提案を行います。

1. コンサルティングの進め方